探偵

妻の浮気を調べる方法 探偵・興信所相談

 

 

 

 

 

 

 

 

良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限定すれば探偵の数も絞れます。

 

 

ローカルに強い探偵なら、調査に有利ですし、高精度な報告ができるでしょう。

 

それに依頼する内容や諸条件によって得意、不得意の差が出ることですから、オフィシャルサイトや業者に電話確認してみることも大切です。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。

 

インターネットで検索してみると興信所や探偵社の評判を知ることができるでしょう。

 

都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、そこで話を聞いてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫の対価は高くついて当然でしょう。とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで違ってくるでしょうが、単純に離婚されるだけではなく、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。
本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら高い賠償を払って償わなければいけないのです。
ほんの火遊びのつもりでも、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。そんな身勝手な行動を黙認することはありません。

 

浮気の証拠といったら、色々ありますが、やはり携帯(スマホ)ですね。メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者から「子供がほしい」と言われたからというのが少なくありません。

 

本来大事にすべき相手を騙していることに良心の呵責を覚えるようになったり、W不倫の現実に嫌気がさしてきたりするようです。

 

また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、後ろめたさも手伝って、ついに精算したいという気持ちになるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は知っておくべきでしょう。

 

 

不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところに引っかからないためにも必要なことです。そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、あとになって必要経費といって、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、しっかりチェックしておかなければなりません。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。
その代わり、不貞行為の調査などで成果をあげるには、相応の能力や習熟が必要でしょう。

 

社員教育の徹底した会社を選ばないと、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともないわけではなく、注意が必要です。
費用対効果があるプロフェッショナルが担当すること。
それが、お金も時間も無駄にしないコツです。
不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。

 

つまり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。

 

もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、それさえあれば、気の済むまで「報い」を受けてもらうことができます。それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。

 

 

家族関係の悪化や失職するなど、ろくな結果にはならないでしょう。

 

よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

 

要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。

 

男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、身仕舞いに気をつけ、女性らしい立ち居振る舞いを忘れないでいると、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えています。主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。

 

相手が誰かだけでも知りたくて、チェックしてみましたが、いまさらながらにロックしてあることに気づき、結局、見れなかったんです。かくなる上は探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。
不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは実に気になるところだと思います。
最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

 

 

 

信頼できるかどうかも分からないし、一人で行くのは怖いという人は、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで打ち合わせさせてもらうのも手です。不本意な契約を未然に防ぐことができます。
ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、浮気相手と共にホテルに入るシーンなどは、はずせないです。

 

 

 

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になる場合が多いようです。

 

 

裁判所で証拠採用されるようなクオリティで撮影しようと思ったら、探偵に依頼する方が良いのではないでしょうか。探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。

 

 

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。離婚云々はさておき、肝心の証拠を押さえておけば有利なのは確かです。

 

 

 

現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌ならその道のプロ(探偵)に相談するのがいいでしょう。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレる場合も増えているのです。もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらと更新するようになったら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。

 

相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。
実際、不倫行為にはまっている人は、鬱状態の人が少なくないようです。

 

その背景にあるのは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。
どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。

 

また、浮気されたパートナーのほうも不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。

 

 

テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。

 

浮気調査をしてもらおうと決めたところで、「ここがいい」なんてアテがないのが一般的なのではないでしょうか。
業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、正規に開業している業者か、違法な業者かは、この番号で分かるというものです。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

 

 

そんな不埒な行いを好き放題にやらせておく理由はないはずです。浮気の裏付けをとる方法は色々ありますが、やはり携帯(スマホ)ですね。

 

 

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。

 

 

 

配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることはまずないといって良いでしょう。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が用心してしまうというケースもあります。

 

 

 

最低でも調査終了までは、普段と変わらないようにしてください。

 

 

不倫のあきらかな証拠が掴めなかったときは、離婚や慰謝料請求の裁判では、おそらく不利になると思います。パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定されることもあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。
ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを回避するには、しっかり調査しておいたほうが良いでしょう。

 

参りました。

 

うちの旦那さんの浮気って、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

 

 

それも私と結婚する前から、浮気相手の数も二人や三人では済まないというから腹がたちます。終わったものまで糾弾する気は既にありません。浮気癖は直らないって言いますよね。限度があると思うんですよ。謝られてもこれから一緒にいる気力というのがなくなってしまって、いいかげん別れるしかないでしょう。

 

どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。
人が動く範囲は決まっていますから、どの地域なのかを中心に、ウェブで検索してみると良いでしょう。

 

 

 

ある程度の選別ができたら電話で相談員に話してみることをお勧めします。現場の人と話をしてみないことには、誠実そうな会社かどうかも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

 

不倫というのは一生続けられるものではありません。
パートナーに浮気の事実をつきとめられ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合もあるわけです。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する例もないわけではありません。金銭面や精神面などで、さんざん苦労しても、心の底から安心して幸せになるという到達点は、あるわけがないのです。安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。
おそらくそれは少し昔の話でしょう。顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。現在はネットが普及して、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは評判を集めるのは可能です。お金を出し渋ってスカを掴まされるのも論外ですが、高いわりに調査がイマイチな会社に依頼したってしょうがないので、費用対効果がきちんとある会社を見つけるのは大事なことです。不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。気になるその精算の仕方ですが、古手の中堅以上のところでしたらローンを利用した分割払いやクレジットカードOKという業者もあります。

 

早く浮気の証拠が欲しいけれども支払いでためらっているのであれば、このような精算方法に対応している業者を中心にリストアップしていくと機会を逃さなくて良いですね。誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、不貞行為には違いないのですから、その対価は高くて当然です。

 

 

配偶者の出方次第で大きな差が出てくるとは思いますが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。
本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら高い賠償を払ってこれからを生きていかなければなりません。配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。
探偵業務にかかる費用は、一般的な浮気調査でだいたい1日4万円位、それに日数を乗じた金額をみておくと良いでしょう。

 

時間と日数、依頼内容によって請求額は変動しますので、なにを依頼するにしても50万から60万くらい用意しておけば充分だと思います。婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事ができるのをご存知でしょうか。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。不倫の場合、諸事情により認知を渋ることもありますが、そのときは裁判になることもあります。

 

そんなことになる前にどうにかして浮気を止めないと、今後の人生設計にかなりの不利益も生じかねません。

 

 

興信所に不倫調査等を頼む際は、標準的な料金を理解していないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。2時間で2万円台あたりを計算しておくと良いでしょう。行動調査の時間を増やせば、費用負担は増えるだけですから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。

 

身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。

 

 

 

何社か問合せをしていくうちに、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵会社に調査を頼んで、結果を待ちました。
わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはのどの奥が固まるような気分でした。

 

やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまうケースもままあります。浮気が発覚して、謝って一時的に大人しくなるのですが、舌の根も乾かぬうちに浮気を再開するかもしれないのです。不審な行動に気づいたら、調査を探偵社に依頼して、ガッチリ浮気の証拠固めをして、お灸をすえてやりましょう。

 

 

 

探偵業者に回ってくる依頼の多くは身辺調査だと思います。

 

基本は浮気ですね。なんとなく行動が怪しいから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、探偵に依頼するのが賢い選択でしょう。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくてすごくトクな感じがします。でも、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、日数の長期化があらかじめわかるケースでは契約できないときもあるらしいです。

 

さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際はかなりの代金を請求されることも多いみたいですから注意が必要です。

 

浮気をやめた(やめざるを得なかった)理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、パートナーにバレたからというものです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。
どうしたって探偵事務所や興信所等に不倫の調査を依頼することにすれば、安全かつ堅実でしょう。しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。
追尾調査、張り込みは基本ですし、行動範囲やパターンを分析し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。

 

 

また、社外秘として教えてくれない調査方法もあり、結構ハードな世界のようです。

 

 

素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが現実的ですし、効率も良いでしょう。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することがコツです。

 

 

調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは知っておく必要があるでしょう。

 

法外な請求をしてくるような悪徳業者から身を守る予防線のようなものです。